わきが治療の保険適用可能な日本橋形成外科

粉瘤・アテローム・アテローマ

粉瘤・アテローム・アテローマ(Epidermal cyst・Atheroma)とは

良性の皮下腫瘍です。よく「脂肪の塊」といわれますが、脂肪とは全く関係ありません。外観はドーム状のふくらみを有します。中心部に臍のような凹みがあることが多く、そこの穴から発酵した様な独特の臭いが出ることもあります。また臍には「へそのゴマ」のようにコメドといわれる角栓も見られることがあります。
粉瘤は、皮膚から自然に剥がれ落ちるはずの垢や皮脂が皮内や皮下に溜まり、皮下に袋状のできものを形成します。この袋状のできものは一度できてしまったら、袋ごと完全に体外にとり出さないとなくなりません。中途半端な手術を行い、袋の破片が一片でも残るとまた再発します。あるクリニックはくりぬきと称して中身のみを絞り出して、なんとなく嚢腫壁をひっぱって、5分で「はい!おしまい!」という所もあるようですが、それは摘出ではなく切開排膿のような?気もします(もちろん再発します)。 また袋の内容物があまりきれいなものではないため、しばしば炎症をおこし真っ赤に腫れて痛くなることがあります。その場合は、一度膿をだし炎症が落ちついてから摘出術をおこないます。

粉瘤の簡略した図

実際の摘出した粉瘤


【原因】

個別の発生原因はわからないことが多いのですが、外傷やニキビのあとに皮膚が硬くなり皮脂腺から皮脂が体外に出ずに発生する場合や、そもそも皮脂腺が多く、粉瘤が発生しやすい体質である場合、また外陰部に多いのですが歩行などでこすれて、皮脂腺の外口部がつぶれて発生する場合などが考えられます。

【粉瘤で気を付けなければならないこと】
・繰り返す炎症による有棘細胞癌

かなり稀ですが炎症や、化膿を繰り返すことで粉瘤の袋の壁から皮膚癌が発生することもあります


・繰り返す感染により皮膚癌が発症した例

一部生検後、病理結果は有棘細胞癌。その後、拡大切除した症例です。

【診断】

ほとんどの症例で、触診、エコーで診断がつきます。深部に達している場合(エコーで届かない)、または大きなものの場合はMRI精査を行い場合もあります。


粉瘤のエコー所見の特徴として滑らかな円形、楕円形をしめし、一層の高エコーな被膜が明瞭で内部は不均一、低エコーで微細な点状を呈し、底面、後方エコーの増強がみられます。被膜を有し境界明瞭で平滑です。外部との連続を一部に認めることがあります。

感染性粉瘤/炎症をともなった粉瘤:Infected Epidermal Cyst


炎症が強く膿の多いものだと腫瘍内部に液体成分と思われる無エコーの部分を認めることもあります。また被膜がみとめられず、境界が不明瞭な場合もあります。

【症例】

小さいもの(5mm以内くらい)であれば自然軽快することもありますし、小切開から内容(粥状物)を出すだけでも治ることがあります。放っておくと化膿して痛みを生じ、治癒に時間がかかります。また少しづつ大きくなり、放置していると手術のキズが大きくなりますので、早めに袋ごと取ることをお勧めしています。粉瘤で来られる方の半数は化膿しています。膿瘍となっている場合は袋ごと取り出すことはできないため「切開排膿」処置となります。化膿が落ち着いたところで改めて「袋の残骸」を切除する手術を行います。

後頭部の粉瘤

毛流を考慮して切除しています。毛髪が上から被さり傷が目立ちません。

下顎部の粉瘤

被膜ごときれいにとれています。シワの線にそって7-0ナイロンというかなり細い糸できれいに縫合しています。

下顎部の粉瘤

複雑な形状をした粉瘤です。一部でも残すと必ず再発してしまいます。きれいに取りきれています。縫合も丁寧です。

左下眼瞼の粉瘤

小さい粉瘤もきれいに取れます。縫合は7-0ナイロンの極細の糸で縫合しています。 鼻部の粉瘤

鼻部の粉瘤

比較的めずらしい場所にできた粉瘤です。摘出後も傷はあまり目立ちません。

顔面の粉瘤

小さいものも丁寧に手術をおこなえば、きれいに取れます。細かく縫合した方が仕上がりもきれいです。

臀部の粉瘤

かなり大きい粉瘤です。皮膚がパンパンに張り、今にも張り裂けそうです。炎症があるときれいにとれません。完全に摘出しています。

臀部の粉瘤

肛門部に近い場合は痔瘻との鑑別が必要です。きれいに取りきれています。


【当院で治療を受けるメリット】
・豊富な症例経験

形成外科の中では日本で最も大きな医局である昭和大学形成外科教室出身の形成外科専門医を中心に、第一線で活躍してきた医師による標準治療に合致した安全な治療が受けることができます。数多くの経験から個々にあった、最適な治療法を提示できます

できもの外来のページへ
・清潔でクリーンな環境
・アクセスしやすい立地

平日は曜日によっては夜19時30分までの受け付け可能です。

医院名 日本橋形成外科・皮フ科・美容外科
住所 〒103-0023
東京都中央区日本橋本町2-4-12 イズミビルディング2F
電話番号 03-6825-1712
開設者 院長 網倉良安
診療時間

月水金 10:00~14:00 15:00~20:00
木 10:00~14:00 15:00~19:00
土日祝 10:00~15:00

※火曜日は休診日となります。

※最終予約受付は診療内容によって異なりますので、電話・メールなどで確認して下さい。

※完全予約制です。急患はこの限りではありませんが、できれば事前にご連絡下さい。

三越前駅が近隣の駅となります。
コレド室町1・コレド室町2の並びで、江戸桜通り沿いにあります。
イズミビル2F (日本橋本町2-4-12 )が当院となります。

クリニックへのアクセスはこちらです
東京メトロ銀座線・半蔵門線三越駅前A4出口より徒歩2分 COREDO室町並び